過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

過払い金が戻っくると考えられる現実を知る!

皆様は2006年1月以前に、消費者金融やカードキャッシング、商工ローンなどを利用したことのある人のほぼ全員に、過払い金が戻ってくる権利を持っていることをご存知でしょうか?

自分には関係ないと思っていませんか?

ある一定期間または、長期間に渡り、消費者金融業者と取引があり、利息制限法を越えた違法な利息分を払っていた場合、利息を余計に払っていたことになります。

この、過払いの請求権は、法律で定められた利息上限以上の余分に払い過ぎた利息を返還する請求権利です。

借入期間と年利にもよりますが、ほとんどの場合、過払い金が戻っくると考えられています。

過払い請求は弁護士や司法書士に相談、依頼する場合も多く、その費用にも若干の違いがあります。

司法書士事務所に頼みたい過払い請求

可能であれば、弁護士事務所ではなくて過払い請求を司法書士事務所に頼みたいと考える人も多いみたいですね。過払い請求だけをお願いしたい場合などには、司法書士事務所の方が気軽でいいと考える人もいる様ですね。司法書士事務所にお願いして過払い請求を行う事で、費用が戻ってきて、残りの借金を返済が少しでも返済できればいいですね。

すでに返済が終わっている人が、司法書士事務所にお願いして過払い請求を行うと、生活の足しにする事ができるのではないでしょうか。過払い請求の方法が分からない人や、煩わしい事はしたくないという場合には、司法書士事務所に代行をお願いする事で問題がクリアできるかもしれません。

戻ってくる過払い金と弁護士費用

消費者金融に対して過払い金の請求を行うと、弁護士に対して報酬を支払わなくてはいけません。

戻ってくるお金と支払う費用を比較した時にそれほど多く戻ってこないのでは、わざわざ労力や費用を費やして取り戻す必要もありませんね。それなら手続きを行おうとする人がかなり少なくなってしまいます。

そこで、弁護士費用が支払いやすい様に工夫されている事が多い様です。過払いを行って取り戻す事ができた金額に応じて支払い金額が決定するというものです。

これならあまり取り戻す事ができなかった時には、支払う費用も少なくて済みます。最初に支払う費用の料金体系を確認しておくと安心して依頼できますね。

過払い金請求は弁護士に依頼しましょう

過払い金請求を依頼する場合には弁護士に依頼するのが良いと言われています。他に司法書士に依頼する方法もあり、この方が手数料は安いのが現実ですが、司法書士の場合には取り扱う案件の上限が140万円を超えないことという規定が有ること、または控訴や上告の案件は取り扱えないなどの規定が有るため、案件によっては途中で扱えなくなることが有るからです。

特に債務整理と絡めて依頼する場合などは、金額が変動しやすいため注意が必要です。弁護士は代理人として必要な手続き一切を行ってくれるほか、最後まで対応を行ってくれるので安心です。

弁護士と司法書士の自己破産

顧客から自己破産の相談を受ける事ができる専門家として弁護士と司法書士が挙げられます。弁護士も司法書士も自己破産を扱う事ができるのですが、可能となる仕事の範囲は違ってきます。

司法書士は、自己破産問題において制限がありますので、対応できない事もあるのですが、それとは異なり弁護士はどの様な問題でも扱う事ができます。自己破産の際に、弁護士と司法書士が対応できる業務の詳しい内容については、法律で定められています。

自己破産をする予定の人が、その法律に詳しい場合は少ないと思いますので、弁護士と司法書士の簡単な違いについてネットで知らべ、自分のケースはどの専門家を選ぶべきか把握できるといいでしょう。

弁護士に債務整理を相談

借金の返済ができなくなりそうだ、と感じたらすぐに弁護士に相談したいですね。まずやる事と言えば債務整理です。

状況に応じて債務整理の中から適切な解決方法を提案してくれます。

その中で自己破産を行うほど深刻ではないけれどそのままの返済額では厳しいという時に任意整理を行う事があります。

任意整理は金融機関と交渉して返済する金額を少なくしてもらう、というものです。他の解決方法では裁判所を通さないといけない事もありますが、この方法では裁判所を通す事はなく、余分な利子を除いた金額の返済を目指します。

債務者が自分で交渉しても、対応してくれない事が多いので、法律家に依頼する事が多い様です。

債務整理が任意整理でもいい理由

任意整理でもいい理由としては、色々な借金を抑えられるようになるからです。金額面で安心できるような状況を作れるようになっていくと、後は返済が完了するのを待つだけです。

債務整理の場合は、リスクの高い方法も多数用意されているので、借金を抑えたくても実行するまでに時間がかかって、契約する内容も非常に難しくなります。特に問題とされているのは、返済しづらい契約となっている場合や、計画が難しくて自分は返済できないように感じてしまうところです。返済しやすい方法を持っているのが、とにかく安心できる環境に繋がります。

債務整理は多重債務者を助けてくれる手段の一つ

多重債務を抱えて」「これ以上は返済することができない」「返済はできるけれど生活していけない」という状況になってしまった際にまず頭に思い浮かぶのが「自己破産」という手段です。この言葉はよくテレビや雑誌でも気きますし、「○○さんが自己破産!」といったニュースでも見かけることが多いので知っている人も多いです。

しかし自己破産をする前に、できる方法があるんです。それが債務整理です。自己破産と異なり色々制限ができる代わりに借金がなくなるという仕組みではなく、月々の返済額を借りている会社と交渉して減らしてもらうという手段です。今では大阪をはじめとする各地域の法律事務所で取り扱っています。

多重債務の債務整理について

多重債務の債務整理には、4種類の解決方法があります。任意整理は、債権者と話し合い、借金の返済額及び借金自体の金額を見直すものであり、一般的に債務整理というと、任意整理が当てはまります。特定調停は簡易裁判所で調停委員が債務者と債権者を仲介し、多重債務を解決するものですがあまり選択されません。

個人再生は裁判所に申し立てを行い、借金の一部を三年で払うことを条件に残りの返済を免除してもらうものですが、継続的な収入のある人のみに限られます。自己破産は免責により返済を免除してもらう方法ですが、資格の制限や信用情報機関への登録など不利益が多いです。

借金相談を通じて多重債務を解決

日頃から背負っている借金問題を解決させようと思う場合、様々な専門機関が存在しており、自分の問題点を見直すと共に、今後の対処方法を見つけ出すことができます。大阪などの都市部を中心に、専門家が在籍している個人機関の他、NPO法人などの団体を通じて相談業務を受けたり、手続きを行ったりしてもらえます。

債務整理などについて根本的解決を目指しながら取り扱ってもらえるため、自分に合った内容での借金相談ができるよう、正しい情報を集めることも大切です。特に多重債務に悩む場合は、法的手段も視野に含めた検討が必要となるでしょう。

相続手続きについて弁護士に相談するならここ。

問題解決に尽力する弁護士

当人同士で話がまとまらないとき、代理人を務めたり法の観点からアドバイスをしたりするのが弁護士の仕事 です。多くは法律事務所に所属していて、個人の依頼を受けたり、法人を相手に法務を行います。弁護士が担当できる範囲は幅広いので、離婚や相続問題など特定のジャンルに特化して依頼を受けているところもあります。

そうすることでノウハウを得て実績を積み、依頼人の悩みをスムーズに解決できるようになるからです。国内だけにとどまらず、国際的な問題に関わることもあります。最近ではホームページを運営したりメールでの相談を受け付けたりと、初めて利用する方にもわかりやすく相談しやすいように努力している法律事務所も増えました。

弁護士費用の内訳について

法律事務所に依頼する際に、どのようなお金がかかるのか知らない人も多いのではないでしょうか。まず、相談料といって、トラブル解決方法等を面談や電話で相談する費用があります。時間単価が設定されていることがほとんどです。

次に弁護士に依頼することが決まった時に支払うのが、着手金です。トラブル解決可否に関わらず、着手金は返金されません。そして、メインとなるのが報酬金で、トラブルが解決した時に支払われます。報酬金は実際に得た経済的利益を元に算出されます。報酬金の相場は経済的利益の2パーセントから16パーセントがほとんどですが、例外もあるので注意しましょう。その他、一日いくらの日当を定めている場合もあります。

千葉、東京、茨城の弁護士、法律事務所、弁護士法人リーガルプラス

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階

船橋・津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1

https://legalplus.jp/

多重債務による自己破産、債務整理の相談を大阪、京都、神戸でなら

弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪弁護士会所属

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅徒歩5分
大阪市営地下鉄四ツ橋線西梅田駅徒歩5分
阪神電鉄梅田駅徒歩5分
阪急電鉄梅田駅徒歩10分
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [公式・大阪事務所・京都駅前事務所・神戸出張所]
https://www.shakkin.net/ [多重債務からの任意整理、自己破産など債務整理]

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚相談についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る