過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

保証人の事を考えて自己破産

実は債務者が一人だけで自己破産を行ってしまうと、保証人がすべて返済しないといけない事になります。ですので、債務者本人が自己破産をする事を考えているのであれば、保証人にその事を伝える様にして、保証人も返済が無理な場合には保証人と債務者が一緒に自己破産をする様にしたいですね。

自己破産をすると保証人に多いに迷惑がかかってしまう事もあります。自己破産をする事を保証人に言いたくないという気持ちを理解する事は出来ますが、保証人になってくれた人に迷惑ができるだけ及ばない様にするためにも、しっかりと相談する様にしたいですね。借金の保証人になるという事は、この様な可能性も考えられます。

これから司法書士に自己破産の相談をする前に

知識もないまま司法書士に自己破産の相談をすると、自分でしないといけない事があり、後になって困る事も出てくるかもしれません。自己破産は裁判所を通した手続きが必要になってきますので、他の債務整理よりも司法書士などの法律家の重要性はより高いと考えられます。

司法書士に自己破産の相談をすると、債務者本人が裁判所で審尋の対応をしないといけない事もあります。自己破産は免責が下りるかどうかは非常に重要ですので、自分の相談先は司法書士で困る事がないかどうか考えたいですね。取り分けて問題なさそうであれば、自己破産を司法書士に相談すると、早速解決に向けて全力でお手伝いしてくれる事でしょう。

自己破産について司法書士に相談

今から自己破産を考えているので、司法書士に解決してほしいという時には、まず何からすべきでしょうか。弁護士の場合には依頼してしまうと、自己破産を進めてくれる事が多いと思いますが、司法書士の場合には裁判所での審尋を自分で対応しないといけません。

まずは自己破産に向けて、司法書士を見つけるという作業が必要になって来るという事が予想されます。そうすると、司法書士側から、自己破産に向けた説明があるかと思います。

その際に、自己破産を行うに当たり気になる点などがあれば、司法書士に質問しておく様にしたいですね。また、相談内容によっては対応ができず、弁護士を紹介してもらえる事もある様です。

書類作成で自己破産をサポートする司法書士

自己破産において司法書士は、代理人になる事ができません。自己破産をするためには司法書士ではなく弁護士かもしくは債務者が裁判所の対応をしないといけません。自己破産において司法書士がどの様にサポートしてくれるのかと言えば、書類作成です。

自己破産においては、書類作成が大事になってきますので、司法書士がお手伝いしてくれるとなると、かなり楽に感じられる事もあるでしょう。しかし、裁判所での対応ができない司法書士に自己破産の依頼をした場合に、後で困った事があれば弁護士に依頼し直すという人もいる様です。若干面倒になるという事も考えられますので、最初から法律家選びはしっかりとしたいですね。

自己破産の破産管財人とは何なのか

自己破産では手続きの中で破産管財人と呼ばれる人が付くことがあります。 これは何かと言うと、ざっくり言ってしまえば「破産に際して返済に充てられる財産が無いかどうか確認する人」です。

自己破産はその制度の中で債権者への配当、要するに返済できる部分があれば返済するべきという制度があり、これを実現するため、また破産者が意図的に配当を行わないなどのことを防ぐために選任されるのが破産管財人なのです。 ただ実際には自己破産を行う個人に配当できる財産など既に無いことが多いですから、一般的な人の手続きであればお目にかかる機会はほとんど無いでしょう。

破産法に基づいた自己破産

自己破産とは、破産法に基づく負債整理の方法の一つになります。 債務者自身が裁判所に破産の申し立てを行い、破産宣告を受けることになります。 自己破産者は弁護士や公認会計士になることができなくなるなどの資格制限を受けます。

しかし、選挙権や被選挙権を失うことはありません。戸籍に記載されることもありません。 宣告後、破産者に資産があれば、裁判所の監督のもと、破産手続きが始まります。 ただ、資産を持たない破産者は多く、宣告と同時に同時破産廃止の決定を受けます。 債務の免責を裁判所に申し立て、裁判所が認めると、債務は帳消しとなり、身分上の制限も消えます。

自己破産の免責決定とは何か

自己破産における免責決定とは「免責が認められた」というプロセスのことです。 これだけでは何が何だかわからないでしょうが、まず免責とは「返済をしなくて良い」ということで、これが決定されるのが免責決定だと理解すれば問題はありません。

これが認められないということは自己破産の最大目標である借金の帳消しが出来なくなりますから、破産手続きの中では最重要項目だと言って良いでしょう。 ただ実際にはそこまで身構える必要は無く、自己破産手続きに入った人の99%以上が問題無く返済義務を解かれています。 認められなかったのは0.08%ほど、1250件あって1件あるかどうかというレベルですから、あまり気負わずにリラックスしましょう。

自己破産の借金相談について

抱えている借金の返済が立ち行かなくなり、多重債務に陥ってしまった際には、法的に解決する方法があります。弁護士事務所に借金相談をすることです。お金はかかりますが、新たな人生を踏み出す一歩として、債務整理を行うことをおすすめします。

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などがあります。そのほかにも過払い請求などの方法もあります。この中で一番大変なのは自己破産です。裁判所を通した申し立てを行いますので、手続きが煩雑になってきます。大阪などでの都道府県では、県での窓口相談も行われていますので、一度行って見てもいいかも知れません。

借金相談から自己破産に至るまで

任意整理や民事再生など、いくつかの段階を踏まえても返しきれない程の借金を抱えている場合に、自己破産という方法で解決させることがあります。地方裁判所に破産を申し立て、さらに支払い不能な状態にある事が判断されます。

地方裁判所に出向く前段階として、借金相談を行い、本当に必要な方法をアドバイスしてくれる専門機関は、大阪など各地に存在しています。借金を重ねている人にとって、心強い味方になってもらえる他、個人の知識ではなく幅広い視点を基に、どのように対処すれば良いのかを、一人ひとりの問題に合わせて一緒に考えてもらうことができます。

任意整理や自己破産などのいくつかの債務整理の方法があります

手持ちのお金や財産がなくなり、借金の返済が困難になってしまった場合には、任意整理や自己破産などのいくつかの債務整理の方法があります。債務者の保有する財産や返済能力などから、専門機関では適した債務整理の方法を提案して下さいます。

相談しにくい気持ちもわかりますが、相談しないことには解決の糸口が見つからず、借金の深刻化が進んでしまうことさえありえます。東京や大阪などでの都道府県では無料の相談所も設置されていますので、弁護士事務所などに借金相談をする事が、ハードルが高い方には、まずは政府の機関で相談してみることをお薦めします。

自己破産の前に借金相談を

多重債務の苦悩を抱えている方は、場合に任意整理や民事再生などの他、自己破産という方法で解決させることがあります。裁判所に破産の申立をし、支払い不能の状態を認めてもらうことで借金をなくします。

破産の申立をするには、さまざまな条件があるため、専門機関に借金相談し仲介してもらう必要がありますが、大阪など各地にあるので、自分に合うところを見つけることが大事です。借金を重ねている人にとって、心強い味方になってもらえるだけでなく、幅広い視点から、どのように対処すれば良いのか、より自分に適した解決策を専門家と一緒に見出すことができるでしょう。

自己破産に関する記事

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚相談についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る