過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

自己破産の手続きは司法書士におまかせ

借金の支払いが不可能になった場合には、債務者は自己破産の手続きをすることになります。これは、裁判所に申し立てをして免責を許可してもらうと、債務の支払い義務が全て免除されるというものです。

その際には、自己破産の申立書を裁判所に提出しなければなりません。債務者が様々な手続きを自分で全て行うことは難しいので、司法書士に書類を作成してもらい、裁判所に提出してもらうとスムーズに進みます。

司法書士は、債権者の取り立てを停止させることもできます。自己破産を円滑に進めるためには、専門家に相談して解決しましょう。

自己破産と借金の返済方法

借金の返済が滞っている場合には、すぐさま法律事務所の借金相談のサービスを利用することが重要です。近頃は、多重債務に悩まされている人が大勢いると言われていますが、早期に自己破産のリスクを回避するために、積極的に依頼先を見つけることがおすすめできます。

大手の法律事務所においては、自己破産を希望する顧客を対象として、無料相談のサービスが充実していることが特徴として挙げられます。そこで、いざという時に備えて、短期間のうちに経験者の口コミを参考にすることによって、何時でも冷静に対処をすることが可能となります。

自己破産では債権者を分けて整理はできない

自己破産では、個人から法人まで関係なくすべての債権者が対象です。つまり、A社には返済をしていき、B社のみ破産宣告をすることはできなくなっています。もし、申し立ての後にひそかに特定の債権者のみに返済をした場合は、申立てが認められず破産もできなくなってしまうので注意しましょう。

相手が個人の場合でも同様ですが、個人的な付き合いがある人だからどうしても返済をしたいというケースもあるでしょう。その場合は、自己破産完了後に別途で返していくことは問題ありません。 まずは全ての借金を法的にチャラにすることを理解して手続きを取ってください。

自己破産の小額管財では弁護士の同伴が必要となる

自己破産は、裁判所に申し立て審尋を受けた後、破産手続開始決定を受け、免責許可決定確定を得るまでが一般的な流れです。破産手続きは、財産を所有している場合の管財事件と財産を所有していない場合の同時廃止に分類され、さらに管財事件には財産が少額の場合の小額管財という手続きがあります。

小額管財では、まず弁護士と一緒に債務や免責についての質問を破産管財人から受けます。次に裁判所で債権者集会が開かれますので、こちらにも弁護士同伴で出席しなければいけません。これらが終了すると免責許可決定が降り、自己破産の手続きが完了します。

自己破産を検討する際の借金相談

借金を重ねてしまい、多重債務という問題に悩む方にとって、自力で問題に取り組むには難しいこともあるでしょう。自己破産という方法で解決させます。地方裁判所に破産を申し立て、さらに、返済についての支払い不能な状態にある事が判断されます。

地方裁判所に出向く前段階として、借金相談を行い、一人ひとりに対して実際に必要な方法をアドバイスしてくれる専門機関は、大阪など各地に数多く存在しています。借金を重ねている人にとって、心強い味方になってもらえるだけでなく、他の任意整理や民事再生などについても知ることができます。

自己破産の他にもある債務整理

何となく債務整理と言えば自己破産という印象が強い事もあります。しかしながら、債務整理には自己破産の他にも複数あります。収入や支出は人によって違いますし、また本人の希望も違ってきます。一人一人にふさわしい方法で解決する必要があり、その中の一つの手段として自己破産が選ばれる事もあります。

しかし、あまりにも借金が膨らんでしまっている場合には、自己破産が回避できない事もあります。その場合には、多少のデメリットが伴うと予想される場合であったとしても、自己破産を選ぶのがいい選択肢となる事もあります。状況に応じて個別に判断する必要があります。その際に、弁護士は力を貸してくれます。

大阪司法書士会

HP

〒540-0019 大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

自己破産に関する記事

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚相談についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る