過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

取り戻すかどうか決めたい過払い

詳細を法律家に依頼しチェックした所、過払いを行い、過度に支払いを行った分に関して、取り戻すかどうかという事は本人の意思にもよります。

過払いでは裁判になってしまう事もあり、裁判をするにはかなりお金がかかるので、戻ってくるお金と比較した時に、たいして手元に残らないという場合には取り戻す事なくそのままの状態で放置する事も可能です。

そうなれば裁判する手間も必要なくなります。裁判に出席するには平日に裁判所に出向く必要がありますので、平日は仕事などで空けられないという人も中にはいます。

あまりにも金額が大きい場合には裁判をしてでも、取り戻した方がいいケースもあると考えられます。

過払い請求で借金がなくなることも

グレーゾーン金利のころから消費者金融業者を利用していて、ずっと返済を続けている人の中には、過払い請求が可能な場合があります。その場合、借金はチャラになるだけでなく、過払い分として相手に対して返還を要求することができます。

また、チャラにはならなくても大きく債務が減る場合もあります。これは、借りている期間や時期、借入額によって異なりますので、計算をする必要があります。過払いがいくらかは計算するのは面倒であるため、法律家である弁護士に相談するのが適切です。弁護士事務所では自動計算ソフトを用いて、過払いがいくらかを算定してくれます。

遺族が代わりに過払い金返還請求

実は亡くなった家族などがいる場合に、その人が生前借金をしており、返済は終了しているという状況であれば、場合によっては家族が代わりに過払い金返還請求を行う事ができる場合もあります。

亡くなった家族の借金についてはまだ返済が終わっていない場合には、相続してしまうので、すぐに確認する必要があるかと思いますので、その際に過払い金返還請求を行うかどうかを検討するのもいいでしょう。

過払い金返還請求を行うには弁護士がいると楽に済ませられる事もあるでしょう。自分の借金については把握しやすいので、自ら過払い金返還請求を行うケースは多い様ですが、家族の過払い金返還請求は気が付きにくい事もあります。

過払い請求について依頼のしやすい弁護士の特徴

ここ数年のあいだで過払い請求という言葉を知ったという方は案外多いものです。 過払い請求はクレジットカード会社や消費者金融から払いすぎた利息を取り返せるというものですが、過払い請求をするためにはほとんどの方が弁護士に依頼するものです。

しかし、弁護士にも得意、不得意がありますし、例え借金問題に強い弁護士でも「この人はちょっと…」と感じるならやめておくべきです。 依頼しやすい弁護士は親身になってくれること、また、威圧感がないということが特徴です。 大阪や千葉の弁護士は依頼しやすい弁護士が揃っているので、まずは相談に行ってみると良いでしょう。

過払い請求を弁護士におこなうべきか

過去に支払った借金のなかで、利息がかかりすぎてしまった場合には、過払い請求をおこなう方法があります。この方法を利用するなら、自力で行うこともできますし、司法書士や弁護士など、慣れている専門家に依頼することも可能です。

どの方法を選んでもメリットデメリットはありますので、より自分に適した方法を選んでいくことが重要とされています。過払い請求をしていくうえで、債権者とのやりとりが必要となりますので、交渉や駆け引きが必要とされます。そのような場合において、弁護士は多くの経験をしていますので、問題なく対応しているでしょう。

弁護士における過払い請求の方法について

過払い金については司法書士や自力でおこなうこともできますが、全てに精通しておこなってくれるのが、弁護士であるとされています。流れについては、法律事務所に借金相談しに行き、その後対象となる貸金業者に受任通知を送り、その際に債務がある場合には取り立てがストップされます。

そのあと、当時の取引履歴をもとに法定金利で利息の計算をおこないます。過払い請求の金額が明らかになった場合には、貸金業者に対して過払い請求をおこないます。ここで合意されれば、合意書を交わし終了となります。トラブルになってしまうと、裁判所に持ち越される流れになってしまいます。

過払い金返還請求に関する記事

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚相談についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る