過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

過払い請求Guideホーム 取り戻すかどうか決めたい過払い

目次

  1. 取り戻すかどうか決めたい過払い
  2. 過払い請求で借金がなくなることも
  3. 遺族が代わりに過払い金返還請求
  4. 過払い請求について依頼のしやすい弁護士の特徴
  5. 過払い請求を弁護士におこなうべきか
  6. 弁護士における過払い請求の方法について
  7. 債務整理を行う必要性
  8. 少額の借金に対する債務整理、過払い請求について
  9. 過払い請求で借金がなくなることも
  10. 過払い請求の概要と経緯
  11. 過払い請求の対象期間について
  12. 遡って確認する過払い
  13. 検討したい過払い
  14. 期待をせず行う過払い
  15. 理解したい過払いの仕組み
  16. 交渉なしには難しい過払い請求

取り戻すかどうか決めたい過払い

詳細を法律家に依頼しチェックした所、過払いを行い、過度に支払いを行った分に関して、取り戻すかどうかという事は本人の意思にもよります。

過払いでは裁判になってしまう事もあり、裁判をするにはかなりお金がかかるので、戻ってくるお金と比較した時に、たいして手元に残らないという場合には取り戻す事なくそのままの状態で放置する事も可能です。

そうなれば裁判する手間も必要なくなります。裁判に出席するには平日に裁判所に出向く必要がありますので、平日は仕事などで空けられないという人も中にはいます。

あまりにも過払い金の金額が大きい場合には裁判をしてでも、取り戻した方がいいケースもあると考えられます。

過払い請求で借金がなくなることも

グレーゾーン金利のころから消費者金融業者を利用していて、ずっと返済を続けている人の中には、過払い請求が可能な場合があります。その場合、借金はチャラになるだけでなく、過払い分として相手に対して返還を要求することができます。

また、チャラにはならなくても大きく債務が減る場合もあります。これは、借りている期間や時期、借入額によって異なりますので、計算をする必要があります。過払いがいくらかは計算するのは面倒であるため、法律家である弁護士に相談するのが適切です。弁護士事務所では自動計算ソフトを用いて、過払いがいくらかを算定してくれます。

遺族が代わりに過払い金返還請求

実は亡くなった家族などがいる場合に、その人が生前借金をしており、返済は終了しているという状況であれば、場合によっては家族が代わりに過払い金返還請求を行う事ができる場合もあります。

亡くなった家族の借金についてはまだ返済が終わっていない場合には、相続してしまうので、すぐに確認する必要があるかと思いますので、その際に過払い金返還請求を行うかどうかを検討するのもいいでしょう。

過払い金返還請求を行うには弁護士がいると楽に済ませられる事もあるでしょう。自分の借金については把握しやすいので、自ら過払い金返還請求を行うケースは多い様ですが、家族の過払い金返還請求は気が付きにくい事もあります。

過払い請求について依頼のしやすい弁護士の特徴

ここ数年のあいだで過払い請求という言葉を知ったという方は案外多いものです。過払い請求はクレジットカード会社や消費者金融から払いすぎた利息を取り返せるというものですが、過払い請求をするためにはほとんどの方が弁護士に依頼するものです。

しかし、弁護士にも得意、不得意がありますし、例え借金問題に強い弁護士でも「この人はちょっと…」と感じるならやめておくべきです。依頼しやすい弁護士は親身になってくれること、また、威圧感がないということが特徴です。大阪や千葉の弁護士は依頼しやすい弁護士が揃っているので、まずは相談に行ってみると良いでしょう。

過払い請求を弁護士におこなうべきか

過去に支払った借金のなかで、利息がかかりすぎてしまった場合には、過払い請求をおこなう方法があります。この方法を利用するなら、自力で行うこともできますし、司法書士や弁護士など、慣れている専門家に依頼することも可能です。

どの方法を選んでもメリットデメリットはありますので、より自分に適した方法を選んでいくことが重要とされています。過払い請求をしていくうえで、債権者とのやりとりが必要となりますので、交渉や駆け引きが必要とされます。そのような場合において、弁護士は多くの経験をしていますので、問題なく対応しているでしょう。

弁護士における過払い請求の方法について

過払い金については司法書士や自力でおこなうこともできますが、全てに精通しておこなってくれるのが、弁護士であるとされています。流れについては、法律事務所に借金相談しに行き、その後対象となる貸金業者に受任通知を送り、その際に債務がある場合には取り立てがストップされます。

そのあと、当時の取引履歴をもとに法定金利で利息の計算をおこないます。過払い請求の金額が明らかになった場合には、貸金業者に対して過払い請求をおこないます。ここで合意されれば、合意書を交わし終了となります。トラブルになってしまうと、裁判所に持ち越される流れになってしまいます。

債務整理を行う必要性

債務整理といっても4つに分かれます。任意整理は金利を見直して減額させる手続きですが、昨今のマイナス金利など金利引き下げにより多くの利用者がいるのではないかと思います。

違法行為ではないためためらわず少しでも早く無理なく借金を返済することが大変良いことだと思います。10年以上前から借金をされている方にとって最近の金利の低さであれば無理なく返していけると思えることがこの制度の良さだと思います。

この任意整理意外にも過払い金請求、自己破産、民事再生などがあり基本的には今ある借金を返減額、免除して返済しようとする手続きです。

少額の借金に対する債務整理、過払い請求について

任意整理では、債権者に対して将来金利の免除などの借金減額交渉を行います。利息の引き直し計算をしている過程で過払い金が見つかり、返還されたお金で借金が帳消しできたというケースもあります。この場合は債務整理扱いにならないため、新規の借り入れに対して制限を受けずに済みます。

裁判所を通さずに手続きが行えるので、債務整理の中でも比較的行いやすいとされています。借金額が少ない場合には任意整理を適用することが多いですが、定職に就いておらず収入がないなど、返済の見込みがない場合には少額であっても自己破産など別の方法を進められることもあります。

過払い請求で借金がなくなることも

多重債務に陥っている方の中には、過払い請求で借金が減ったりなくなったりすることがあります。これは、グレーゾーン金利での借入をして、その時から利用し続けている場合に発生します。

現在では利息制限法の改正でグレーゾーン金利は廃止され、契約内容も変更されています。しかし、業者は自らそれ以前の分について元本に充当させて計算はしませんので、特に長く利用していた人は過払い請求で多くのお金が帰ってきます。

請求は自分で業者に対して行うこともできますし、このケースでは弁護士が成功報酬のみで代理して請求してくれます。

過払い請求の概要と経緯

過払い請求は、利息制限法を超過した利息を、違法分として業者から取り戻すことを指します。かつての法律では出資法と利息制限法の適用範囲が曖昧であったことから、業者は都合の良い解釈をして、今では考えられないような年利30%を超えるような貸金が横行していました。

結果として自己破産等の法的破産が増加することとなりました。しかし後に、新貸金業法が施工されます。これにより、利息制限法の適用範囲が明確になりました。また、貸金業務取扱主任者の設置義務ができる等、厳格になりました。過払い請求においては、弁護士等を使って業者から過払い利息を取り返すことが多くあります。

過払い請求の対象期間について

借金等で、自己破産を検討する前に過払い請求が出来るかを考えます。過払い請求は、法廷金利を越えて支払いをしていたものを、返還してもらうことです。

過払いが発生していたのは、11年前からとなっているため、それ以前に消費者金融、クレジットカード等から借入実績があれば、まずは過払い金調査を行い、該当あれば請求を行います。

借入金が多く期間が長ければ、かなりの金額が返還され自己破産の検討も必要なくなるかもしれません。正当な手続きなので、借金等で苦しんでいれば躊躇することなく、実行するべきものであり、該当あれば苦しみは軽減します。

遡って確認する過払い

現在、自分が抱えている借金に対して過払いを行うという事はもちろん可能ですが、その他にも、過去にお金を借りて返済を行っていた借入に対しても、過払いを行う事ができます。

過払いは遡って行う事もできます。過去の過払いについては、気が付いていかなかったり、もしくは忘れていたりする事も多いのではないでしょうか。

過払いができるかどうかという事を自分で把握する事ができなくても、取引履歴が分かる書類があれば、それを持って法律家の元を訪れると、状況を確かめてもらう事ができます。

時に、借りた金額が大きい人や、長期的に返済を続けていた人というのは、多額の費用が戻って来たケースもあります。

検討したい過払い

必ず必要な手続きという分けでもなければ、過払いは金融機関から借金をしていた人全員が対象となる分けではありません。過払いというのは、人によってケースバイケースとなります

そのため、過払いを行うかどうかという事は自分で考える事ができます。また、発生している過払い金のすべてが戻って来るかどうかという事も分かりません。

一度、過払いを行ってしまうと、同じ金融機関と新たに取引を行う事が難しくなる事も考えられますので、自分の事や、これからの事を考えながら、手続きを行うのかどうかという事をよく検討するといいでしょう。最終的な判断は自ら行う事になりますが、法律家に相談する事もできます。

期待をせず行う過払い

法律事務所のwebサイトなどを見ていると、過払いを行う事で多額の費用が戻って来た例などが紹介されている事が多いと思います。

確かに、過払いを行う事で、多額の費用が戻るという可能性ももちろんありますが、過払いにはいろんな例があります。場合によっては、過払い金自体発生していないという事も考えられます。

そのため、過払いを行うのであれば、過度に期待するのはやめた方がいいでしょう。結果は手続きを行ってみるまでわからないため、その点を考慮した上で手続きを行う事ができればいいでしょう。

時として、戻ってきた費用を借金の返済に利用すると、残りの金額が少なければ返済が完了する事もあります。

理解したい過払いの仕組み

弁護士とか司法書士に過払いを依頼する場合であったとしても、自分でその仕組みについて基本的な事を理解しておくと、コミュニケーションが円滑となり、理解しながら、手続きを進める事ができるでしょう。

過払いについて少しでも知っていると、役立つ事もあるでしょう。過払いについて知りたいという時には、過払いの手続きを行ってくれる弁護士とか司法書士のホームページを訪れると、分かりやすく説明されている事もありますので、利用してみるといいでしょう。

過払いの依頼を行うためには、法律事務所を訪れて、実際に法律家と詳しい話をする必要がありますので、そのタイミングまでに学んでおくといいでしょう。

多重債務による過払い、債務整理の相談を大阪、京都、神戸でなら

弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪弁護士会所属

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅徒歩5分
大阪市営地下鉄四ツ橋線西梅田駅徒歩5分
阪神電鉄梅田駅徒歩5分
阪急電鉄梅田駅徒歩10分
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [公式・大阪事務所・京都駅前事務所・神戸出張所]
https://www.shakkin.net/ [多重債務からの任意整理、自己破産など債務整理]

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

交渉なしには難しい過払い請求

金融機関のスタッフが対応してくれて、ようやく過払い金返還請求は成功となります。過払い請求を行うには、書類を記入して提出するだけであれば、誰でも行う事ができるのですが、多くの場合、交渉が欠かせないようです。

過払い請求を行った際の対応というのは、金融機関によって異なりますが、債務者が自分で過払い金返還請求を行いたいという事を伝えただけでは、対応していただけない場合が多いようです。

弁護士などの法律家を介して過払い請求を行う事で、ようやく手続きができるという場合もあるみたいです。法律家への依頼が必要となれば、問題解決のハードルが高く感じられる事もあるかと思いますが、本当に解決したいという気持ちがあれば、ぜひ相談しましょう。

過払い金返還請求に関する記事

メニュー

過払い請求 過払い大阪 過払い 債務整理 自己破産 借金相談 相続手続き 相続 弁護士大阪 法律事務所

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、法律事務所や弁護士についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、法律事務所や弁護士事務所、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る