過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

相続手続きを弁護士に頼る

遺産相続においては、あまり知られていないことですが、一部だけの承継も実はできるようになっているのです。このことを限定承認といいます。限定承認においては、プラスの財産だけではありません。マイナスの財産が残っている場合でも、そのように変えることができます。

相続手続きに関しては相続人に定められている人全員で、家庭裁判所に出向き、申し立てをおこなうような流れになります。家庭裁判所を通すことから、手続きに関しては煩雑であることがあげられます。そのため、無理をするようなことなく弁護士のサポートを得て、解決した方がいいでしょう。

相続手続きを得意としている弁護士に依頼する

多くの人が、相続手続きだったり、遺産の相続手続きなどに関わるようになるでしょう。そのことから、遺産の相続をはじめようとなった際には、弁護士に依頼をおこないますが、知識がなく戸惑うケースもめずらしくはないでしょう。そのためにポイントを抑えておくことが大切でしょう。

その一つは財産がマイナスであれば、3ヶ月以内に相続の放棄をおこなうことが義務付けられています。4ヶ月以内に相続にかかる所得税、10ヶ月以内に相続税とそれぞれの申告などがポイントになります。また、一年以内に、遺留分の請求がある場合にはおこなう必要があります。そういった内容を知りつつ、遺産の手続きをおこなっていきましょう。

弁護士の相続手続きのサポートを得る

相続手続きをおこなうにあたって、わからないようなことも数多くあることでしょう。その一つとして相続順位について、知らない人も多いかと思います。相続の順位に関しては民法で定められています。そのなかでも配偶者は順位などに関係することなく、どういったようなケースでも相続人の権利があります。

そのことから、相続手続きをおこなっていく際には、故人の配偶者が優先されます。その次には子どもや親や祖父母、兄弟や姉妹などの順番で相続においての順位になっていきます。このことを基本として相続の手続きは行われています。不明や疑問があるような場合には弁護士に聞くようにしましょう。

相続手続きの業務も弁護士の仕事

業務として、相続手続きも用意されている弁護士は、依頼があれば対応していくこととなります。依頼がないのに勝手に行うのはできないので、必ず相談を受けてから依頼を提案して、受けてくれるようなら業務を行っています。相続手続きの業務は、代行書類を作成する傾向が多くなっています。

書類が必要とされている相続には、足りない部分を補うことが難しいため、短時間で実施していくのも大変になります。なるべく簡単に終わらせられるように、弁護士としても活動を行っています。長時間必要とされる方法も、短時間で完了するメリットがあります。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

兵庫の相続問題の相談や相続手続き、遺言書作成は、相続に強い弁護士にお任せください。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/

弁護士による相続手続きに関する記事

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚相談についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る