過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

首が回らなくなるまえに司法書士、弁護士に借金相談

お金を借りるとき、計画的な返済プランを考えて借りていると思いますが、様々な理由で返済が滞ってしまい膨らんでしまったり、他に借金をして、二重債務に陥り首がまわらなくなってしまう状況があると思います。

そうなったとき(そうなる前に)弁護士・司法書士にご相談ください!
債務整理をすることで、よりよい解決方法がみえ、返済額が少なくなるかもしれませんよ。
借金相談は困っている方はお早めに。

内容や金額によって制限があるのが司法書士です。
費用は一般的に時間ごとに決まっていますが、初回は相談無料の司法書士事務所もありますので、気軽に一度問い合わせしてみるのが良いと思います。

借金相談の自己破産に関する説明

借金相談の自己破産とは、借金の返済を断念して破産宣告を行なう相談のことです。 個人の能力ではどうやっても返済が不可能なぐらい滞納した多重債務者が行なう手続きです。

借金相談の方法としては、債権者に債務放棄を認めさせる方法と法律で定められた制度を利用する方法があります。 破産が認められると債務の返済が免除される利点がある反面、債権者との信頼関係や社会的な信用を大きく損なうことが多いので、この債務整理の利用は慎重に判断する必要があります。

この方法はやむ終えない場合の緊急の対応と理解したうえで、この方法に安易に頼らずに過払い金の見直しを行なうことや、個人の努力で返済できる分は可能な限りするなど自助努力を行なう必要があります。

自己破産の借金相談で誤解される自己破産後の生活について

自己破産の借金相談で最も多く誤解されているのが、自己破産後の生活についてです。今や都市伝説化していますが、自己破産をすると選挙権が無くなるとか、戸籍に記録されるなどをよく聞きますが、もちろん、そのようなことはありません。

自己破産後の生活で制約が出てくるのは、クレジットカードやカードローン、住宅ローンなどの各種ローンの利用についてです。各個人信用情報に記録が5~10年残りますので、その間は、新たに金融機関の審査に通ることが難しくなります。ただし、この影響は本人のみで、家族には何の影響もありません。また、官報に氏名と住所が掲載されますので、闇金からのダイレクトメールが増えることもあるようです。

自己破産などの借金相談は専門家に相談するのが一番です

多重債務状態となったりした場合、毎月の返済のために新規借り入れをしている人は多いと考えられますが、この状態で本当に借金を完済することができるのでしょうか。もし、しっかりとした返済計画が作れないのなら、最早返済し続けることが難しい状態であるということなのです。

ところが、ほとんどの方は、この状態でもおまとめローンなどを検討することになります。しかし、この段階で検討すべきは、実は、おまとめローンではなく、自己破産などの債務整理なのです。

借金相談は、誰にも相談することができない問題ですが、少しでも早く専門家に相談することが重要です。専門家に相談すれば、自己破産などの債務整理について詳しく教えてくれ、最適な方法をアドバイスしてもらえます。

過払いの借金相談は専門家に相談しよう

若い頃に夢を追いかけていた人や、苦学生として学校に通っていた人はちょっとした付き合いや自己投資などのために借金することも珍しいことではありません。若い頃のあまり世間を知らない頃の知識では、借りたお金の利息が適正かどうかを判断できないこともあります。

そんな、過去の謝金には過払い金が潜んでいることがあります。ローン会社の求めに応じ言われるまま契約をした場合によく見られるものです。払いすぎたお金は返却してもらいましょう。まずは専門家に借金相談をすることが第一歩です。何も行動しなければお金は戻ってきません。

借金相談を司法書士にする流れ

借金相談を誰かにしたいという場合には、まず司法書士にお話してみてはいかがでしょうか?一体どのような流れで相談しに行ったらいいのかをご紹介します。まずは電話をしてみます。

ここで無料相談という形で今悩んでいることの概要を話すと、ある程度のアドバイスをしてくれます。この電話はほとんどの所が無料でおこなっているので費用に関しては必要ありません。

電話をして、やっぱり直接話がしたいという場合には、面会日を予約して、直接事務所へ向かいます。後は直接顔を見て話をして、依頼したいようでしたら、そのまま手続きに入るだけです。

借金相談に関する記事

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚相談についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る