過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

過払い請求の方法とは

まずは、ご自身が過去に完済している借金について過払い請求ができるかどうかということです。

2006年1月以前に、消費者金融、カードキャッシング、商工ローンなどを利用し、その金利が過払いに相当するのかということを確認しなくてはいけません。

既に、完済していても、過払いの請求権利があります。

ただし、年数によって様々ですので、司法書士や弁護士に相談することをお勧めします。
自分には過払い金の請求権を持っているのかどうかということが大切です。

過払い金があることが判明すれば、請求を行うのですが、取引内容によって異なるので一概には言えませんが、早ければ2ヶ月程度で返還されることもありますが、通常は6ヶ月~1年ほどかかっているようです。

請求される側も金融業のプロですので、ご自身で行うのであれば、金融や金利についての専門知識は必要です。

ためらう人が多い過払い

近頃では広告やネットなどで過払いに対する認知も高まりつつあります。知っていても実際に過払い金を取り戻すかどうか、という事に対してハードルが高いと感じている人もいるみたいです。

自分だけでもできない分けではないですが、自分で手続きをするとやはり思う様にすべての金額を回収できない事もある様です。

弁護士に頼むとお金も必要になってきます。いろんな事を考慮すると、結局ためらってしまう人も少なくない様ですね。

また、金額にもよる場合もあるかもしれません。ある程度の金額に達していれば、取り戻そうとする人もいる様ですね。

また、債務整理で困った時に、同時に手続きを行う場合もあります。

少額でも遠慮なく過払いを

たとえ戻ってきたとしても少額だからと、過払いを行うのを遠慮する必要はありません。

発生している過払いの金額によって自分の意志で今後の事を決定するのはいいですが、こうしないといけないという事は決まっている分けではありません。

過払いをするという事は、以前何らかの形で金融機関を利用しているという事が考えられますので、お金に困っているという人であれば、少しでも戻ってくる可能性があるのであれば、過払いをしたいと考える人もいます。

過払いをするかしないかという点については、本人の気持ち次第といえるのではないでしょうか。また、決定する際には返済状況なども考慮に入れるのもいいかと思います。

過払い金と借入金債務の特徴について

過払いに関する問題を早期に解決したい場合には、優秀な弁護士や司法書士などが揃っている法律事務所にアドバイスを受けることがコツです。 近頃は、借入金債務の問題について興味を持っている人が少なくありませんが、いざという時に備えて、同年代の人々のレビューを参考にすることによって、何時でも安心して行動をすることが可能となります。

一般的に、過払いの問題に詳しい弁護士や司法書士の選び方については、素人にとって判断が難しいことがあるため、少しでも知りたいことがあれば、役立つ情報をキャッチすることが望ましいといえます。

過払い金の仕組みの基礎から正しく知ろう

テレビや雑誌などで、払い過ぎた利息を取り戻す、などという法律事務所などの広告をよく目にする機会が増えました。そもそも過払いとはなにか。詳しいことは置いておき、その仕組みの基本を知っておきましょう。

銀行や消費者金融からお金を借りると、返済の際に利息がかかります。現在でこそ法律で決められた利率に従って利息が計算されますが、数年前までは金利に関する法律が2つ存在したこともあり、法律に違反するような高い利率でお金を貸す所が多くありました。

やがて法律が改正したことをきっかけに利率を見直した結果、従来までの利率で払っていた利息は法律違反なので、請求するとお金が戻ってくる可能性があります。この戻ってくる可能性があるお金のことを、過払い金と言います。

過払い金の年利はどれくらい

借金の過払い金は、消費者金融やカード会社から借りたお金を返済する時に、払いすぎた金利のことです。お金を貸す時は、利息制限法という法律で利率などが定められています。  ただし以前は、消費者金融やカード会社はお金を貸す時に、出資法で定められていた上限金利でお金を貸していた場合がありました。出資法の上限金利の方が、利息制限法の金利より高いのです。

 出資法の上限金利は、一番高いもので年利29.2%になります。それに対し、利息制限法は一番高くても年利20%です。  この利息制限法より高い金利でお金を借りていた場合は、その金利差を過払い金返還請求権として、行使することができるのです。

裁判を必要とする過払い金返還請求

金融機関がすんなりと過払い金返還請求に応じてくれる場合には、難しい交渉を行う事なく、後は支払いが行われるのを待つばかりです。しかしながら、過払い金返還請求は、時として裁判を必要とする事もあるほど、金融機関はそう簡単に応じてくれない事もある様です。

過払い金返還請求を行っても応じてくれない場合には、裁判をするかどうかという事を自分で決める事ができます。過払い金返還請求は行いたいけれど、そこまで行う必要はないと思われる場合には、断念するというのも一つの方法でしょう。法律家に相談しながら過払い金返還請求を行う場合には、相談をしながら、次にどの様に対応していくのかを決定するのもいいでしょう。

過払い金返還請求に関する記事

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚相談についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る