過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

過払い請求Guideホーム 法律事務所大阪 弁護士大阪 弁護士の仕事と司法書士の仕事の違いについて

弁護士の仕事と司法書士の仕事の違いについて

1人でも何人いても、メンバーの中に司法書士がいても、その中に1人でも弁護士がいれば法律事務所といいます。司法書士だけしかいない法律事務所は法務事務所といいます。1文字違いで間違いやすいので、法務事務所には司法書士の名称を入れるように推奨されています。不動産や会社の登記が得意分野です。

司法書士は登記の専門家です。裁判所や法務局への提出書類の作成を行う国家資格を持った専門家です。特定の認定を受けた司法書士は、140万円以下の案件であれば民事事件の事務業務を請け負う事が出来ます。弁護士は法律全般を制限なく行う事が出来ます。

弁護士資格を取得するための道のり

弁護士資格を取得するためには、長い道のりがあります。まずは司法試験を受験し合格しなければなりませんが、現在では司法試験は誰でも受験できるわけではなく、次の2つの方法どちらかをパスしなければなりません。

1つ目は法科大学院を卒業したのち、司法試験に合格する方法、2つ目は予備試験に合格し、司法試験を受け合格する方法です。

その後、司法試験を合格したら司法修習生になります。この司法修習生を1年間経験し、2回の司法修習考資をパスして晴れて弁護士資格を取得できます。その後の進路としては、法律事務所等に勤務していくか、判事補任官になるか(裁判官になるため)、検事任官(検事になるため)になります。

弁護士による相続手続きに関する記事

トラブル解決には弁護士が最適

日常生活を過ごしていくなかで、さまざまなトラブルが想定されます。そのようなトラブルが自分たちだけでは、解決できないようなケースもあるでしょう。そうであれば、速やかにプロである弁護士に相談すべきでしょう。

弁護士に関してはトラブル解決を仕事にしていますので、迅速に対応をおこなってくれることでしょう。さまざまな法律事務所がありますので、インターネットなどでリサーチをおこなうことで、適した法律事務所を見つけることができ、スムーズに解決をおこなうことができるでしょう。一刻も早く、トラブルが解決されるといいですね。

弁護士もどんどん外に出ている

相談したいと思ったら、法律事務所にいないなんてことも結構あります。外に出ている弁護士も多くなっていますので、前もって予約を入れておくことが大事になっています。予約を入れているだけで、話しやすい環境を作れるようになり、確実にその時間で話をできるようになります。

話しづらい時間を作ってもらうよりも、話しやすい時間をしっかりと確保してくれることが大事になっていますから、その状況を作れるように連絡を入れてください。弁護士としても、ある程度時間を確保できるように調整しながら、空いている時間で相談を受け付けてくれます。

弁護士は法律家として活動しています

弁護士は、トラブルに対し法律家として、いろいろな角度から携わる事が出来ます。法律に基づきトラブルを解決することが出来るように仕事をしています。トラブルは日常生活をしていく上でどうしても避けられない問題で、交通事故、離婚、相続など多くの場面で、法律によって判断をしなくてはいけない場面が訪れます。

法律家として活動をするには、法律事務所に必ず所属をしなくてはいけません。事務所によって、住み分けをする為に得意分野などがありますので、自分の相談したい内容が、どのような分野になるのかを判断しなくてはいけません。

相談担当の弁護士に聞くと、しっかりと教えてくれますので、聞いてから依頼をするのも良いです。

弁護士選びにはご注意を

弁護士と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。頭がいい、高給取り、モテそうなど色々あるかと思います。そんな彼らは司法試験に合格した後、司法修習という勉強期間を経て、晴れて資格保持者として世の中に出ていきます。

大概は何処かの法律事務所に所属し、先輩について実務を習得したのち、独立することが多いようです。しかし十数年前、司法試験の制度が変わり大量に資格保持者が発生すると、修行を積む法律事務所が見つからない合格者もいました。

彼らは最初から自分の法律事務所を構えましたが経験は浅いです。弁護士を選ぶときにはどのようなバックグラウンドがある人なのか、よく調べて依頼しましょう。

トラブルは弁護士に依頼を

ご近所や会社、学校などでのトラブルは当人達でも解決できますが、弁護士に解決を依頼することができます。その際依頼した方に対して報酬を支払う必要があります。それは一律で決まったものがあるのではなく、各法律事務所が自由に決めることができます。

弁護士によっては、多額な報酬を支払う必要がある場合があります。報酬を支払うことができないような場合には、刑事事件で依頼することもできます。

通常は、法律事務所に所属し、法律事務所が依頼を受ける窓口となります。依頼人はまず、自分の状況に合った法律事務所にコンタクトをとることから始まります。

大阪、京都、神戸の弁護士、弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

メニュー

過払い請求 過払い大阪 過払い 債務整理 自己破産 借金相談 相続手続き 相続 弁護士大阪 法律事務所

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、法律事務所や弁護士についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、法律事務所や弁護士事務所、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る