過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

全国から過払い請求の相談を受ける司法書士

本店だけではなく、全国にいろんな支店を構えている司法書士もあります。大手の司法書士事務所などは、たくさんの支店がある場合が考えられます。その場合には、全国から過払い請求の相談を受け付けている事もあります。

どこにいても、過払い請求の相談ができるのはとても便利ですね。過払い請求の依頼を行う際には、司法書士と対面で話をしないといけない事が多いみたいですが、その際には、近くの支店に訪れて過払い請求の相談を司法書士に対して行うといいでしょう。

この様に全国から過払い請求の相談を行っている司法書士はありがたいですね。ぜひこの会社に頼みたいと思える様な魅力的な会社が見つかればいいですね。

キャッシング利用により過払いについて

グレーゾーン金利の時代にキャッシングをしていた人は、過払いが発生している可能性があります。現在ではすでに法改正がなされ、グレーゾーンは撤廃されましたが、当時はまだそのようなことになっていませんでした。

そのため、昔からカードローンを使い続けている人は、もしかしたらすでに過払いが発生している可能性があります。もちろん、すでに返済している人も同様です。過払いがある場合は、業者に対して過払い請求をすることで返還してもらえますが、訴訟になる前に示談交渉をするのが一般的です。基本的には満額を支払ってもらえます。

返済終了後に過払い金返還請求

可能であれば過払い金返還請求を行って必要以上に支払ってしまっている費用を取り戻したいという事もあるでしょう。いつ過払い金返還請求を行えばいいのかという事ですが、時効が過ぎなければいつでもいいのですが、返済を終了してから過払い金返還請求を行うという人も中にはいる様です。

返済を終了してからであれば、過払い金返還請求を行う事だけに集中する事ができます。過払い金返還請求を行ってしまった後に、まだ金融機関と取引を行うのが気まずく感じられると困るという人は、念のために返済終了後に行うのもいいでしょう。また、返済中に行うと、返済金額を少しでも減らせるというメリットも考えられます。

過払い請求について弁護士に相談するデメリット

近年、電車の中に貼られた広告やテレビのコマーシャルなので過払い請求という言葉を見聞きするようになったと感じている人は少なくないでしょう。 過払い請求は消費者金融などの金融機関から5年以上の借入期間があった場合、また完済後から10年以内であれば払いすぎた利息を取り返せるというものです。

過払い請求について弁護士に相談するデメリットといえば、相談した弁護士の知識不足によって結果的に不利益になってしまうことです。 良い弁護士に依頼したいのなら経験豊富で高いスキルを持った大阪か千葉の弁護士に相談してみることをお勧めします。

過払い請求は弁護士に依頼すべきか

過払い請求については、貸金業者に請求をしない限りは返還されません。過去に返済が住んでいる借金は、過払い金を計算し余計に支払った利息を請求する制度なので、他の債務整理と性質が違います。

過払い金請求の事例については、借金の総額や借りていた期間によっても、大きく違ってきますが、100万円以上返還されたケースもあります。請求の金額が140万円以下の見込みであれば、司法書士にお願いすることも可能です。しかしながら、このような交渉ごとには弁護士が長けていますので、依頼することでスムーズに処理をお願いすることができます。

弁護士による過払い請求の注意点について

過払い請求の請求業務を弁護士や、司法書士などの専門家に依頼することができたとしても、その手段が成功するかは別の問題になります。これまでに過払い金に失敗しているケースもあるからです。考えられるケースは複数あり、第一に言える事は悪徳業者に引っかかってしまった場合です。

また、十分な和解内容でなかった場合や、債務者の認識違い、債権者の会社の基準などあげればきりがありません。だからと言って自力で過払い請求をすることこそ、リスクが高くなってしまいますので、専門家に依頼し状況に応じて的確な判断をしていくことです。

過払い金返還請求に関する記事

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚相談についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る