過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

初期費用の掛からない過払い相談

どうにかして法律家の過払い相談を受けたいと思っていても、実際には初期費用がかかるとわかれば、やはりちょっと利用しにくく感じてしまう人もいる様です。

しかし、最初の1時間のみ過払いの相談費用は無料など、最初が利用しやすいと少しは身近に感じますね。

過払い相談をする人の中には、一応完済はしているが、未だに経済面における余裕はないという人も多いでしょう。初期費用の掛からない過払い相談を行っている法律家を見つけてみてはどうでしょうか。

また、過払い相談の費用については、後払いを許可してくれるなどという制度も助かりますね。普段の生活を続けながら無理なく、支払いができればいいですね。

過払い金が発生している?キャッシングの場合

キャッシングは50万円以下の小口融資のことを指すので、上限金利は18%になります。18%を超える金利で返済していた場合には、ほとんどの場合に過払い金が発生しています。

キャッシングの場合、一度完済をしたら時効のカウントがはじまります。しかし、契約が続いていて、また追加融資を受けたのであれば、連続した借金であると認められて、時効のカウントはその次の借金を完済した時点になることもあります。

完済をして10年が経過している場合でも、契約が連続していた場合には、弁護士に相談をしてみましょう。過払い金の時効は10年ですが、会社が倒産したら請求できないので、早めに行いましょう。

返済の負担軽減のための過払い金返還請求

借金の返済が順調に進んでいない時には、過払い金返還請求を行う事で負担軽減を目指す事もあります。しかし、深刻な借金については過払い金返還請求を行っただけでは十分に負担を軽減できない事もあり、どうしても返済ができないと法律家が判断した場合には、過払い金返還請求と同時に他の債務整理を進める事もあります。

軽い借金問題については、過払い金返還請求を行うだけで、何とか返済の目途が立つという事も考えられます。過払い金返還請求はもちろんですが、基本的に借金の解決はできるだけ早く取り掛かるのが好ましいと思われます。解決が遅れるとより一層に深刻になるばかりで、多重債務となる人までいる様です。

過払い請求の経緯について弁護士に相談!

 自分で過払い請求をすることは可能ですが、相手はプロなのでなかなかスムーズに納得いくように進めることは難しいといえます。また、金融業者も個人ですと相手にしてくれないことも考えられますが、専門家である弁護士を通すことで経緯を的確に捉え、スムーズに和解できることが多いです。  いい弁護士に巡り合うために、過払い請求の実績ある事務所を探すことも大事です。

 大阪では、関西弁独特の言い回しなど、怖いイメージがあります。大阪に事務所がある、地元の人情をわかっている人に頼むのも大事な要素です。千葉であれば、相談しやすい、アクセスがいい、といったことも考え地元の千葉の弁護士に相談することがいいのではないのでしょうか。

過払い請求は弁護士と司法書士どちらに依頼すべきか

過去の借金において、払いすぎてしまった人に対して、過払い金の請求がおこなえます。過払い請求の方法としては、自分でおこなうこともできますが、弁護士や司法書士に依頼することで、トラブルなく処理をすすめることができます。

司法書士においては、借金総額140万円までと制限がありますので、制限を超えてしまうようであれば、弁護士に依頼することをおすすめします。過払い金請求においては、最後の取引から10年以内という期限も設けられていますので、万が一迷っているようであれば、先に法律相談だけでもおこなうべきだと言えます。

弁護士に過払い請求をするかどうかについて

過払い金を請求する際に、自分でおこなうか専門家に依頼するかを迷うケースがあります。一番懸念する事は弁護士費用がかかることです。テレビなどのイメージにおいて、弁護士に依頼する事は多額の費用がかかるイメージがあります。

過払い請求については、他の債務整理に比べて難易度が低いため、自力で行おうとする人も多くいます。しかしながら知識が乏しい上でおこなう事は、さまざまなリスクを伴うことが挙げられます。幸い、過払い金請求については、他の費用よりも安いとされていますので、まずは法律事務所にどれほどの費用がかかるのかを問い合わせてみることです。

過払い金返還請求に関する記事

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚相談についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る