過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

株式を持っている場合の相続手続きの方法

亡くなられた方が株式を持っていた場合の相続手続きには、売却してしまう方法と名義の変更をする方法があります。まず、どの程度の時価の株式を持っているかによって、売却したほうが得な場合とそのまま名義を変えて保有し続けることがよいかという状態があります。

上場している場合には、売却も簡単ですが支配株主などになっている場合には、売らずに保有したほうがよいです。また、未上場の場合は売却することが困難であるために保有して買いたい人が現れるのを待つことになります。

相続手続きの方法としては証券会社の名義を変える方法があります。

相続手続きと書類の管理は生前から弁護士に

相続手続きは生前から進めておいた方が後で家族の者が困らずに済みます。 自分には大した遺産が無いと思っている人々ほど、実際は多くの資産を持っています。

自家用車や別荘の土地、山の権利書、自宅の建物、こういった物もまた立派な遺産となり得ます。 確かに縁起もない話ではありますが、自分自身がいつ予期せぬ出来事に遭遇しても良いように、ある程度、年齢を重ねた方々は弁護士に相談した上で、相続手続きを秘密裏に進めておきましょう。

家族の者には内緒にしておきたい、そんな時は相続手続きの書類を弁護士に預けておけば秘密は自分の死後まで決して明かされませんので、安心出来ます。

相続手続きの相続放棄に必要なこと

相続手続きの相続放棄には、基本的に、相続発生後3か月以内に行う必要があります。相続手続きを行う前には、まず、プラスとマイナスのどちらの財産が多いかを把握する必要があります。その上で放棄すると決めた場合には、亡くなった人の住民票の届出のある場所を管轄している家庭裁判所に届出を出すことになります。

必要書類としては、相続放棄申述書、亡くなった人の死亡記載のある戸籍謄本、亡くなった人の住民票除票もしくは戸籍附票、届出人の戸籍謄本、収入印紙、郵便切手が必要になります。手続きは別途費用が必要になりますが、相続を専門としている税理士や司法書士に依頼することも可能です。

大阪で遺産相続手続きが出来る価格の高い相談所について

大阪で遺産相続手続きを専門家に頼もうと相談所に訪れた人の多くが感じることとして、値段が高いということがあるようです。相続は専門性が高く、また資産家が顧客として多いだけに、問題解決が実現した際の金銭的な価値が高くなるということなどが、価格が高い理由といえそうです。

しかし遺産相続手続きのスキルが、価格の高さに完全に比例するかというと、そうとは限らないのではないでしょうか。もちろん、実力のある人が相応のフィーをとることは当然ですが、適正な価格で、高品質を目指す良心的な専門家も大阪には多いといわれており、相続人としては頼りになるのではないでしょうか。

相続手続きに係る期限

相続手続きには期限が定められているものが多くあります。例えば、遺産を放棄する為の相続放棄の手続きは、被相続人の死亡を知った日(相続が開始した日)から3ヶ月以内に手続きを行う必要がありますし、遺留分を請求する場合は相続が開始された日、もしくは遺留分を生じる原因となる遺贈等があった事を知った日から1年以内に権利を行使しなければ、時効によって権利自体を喪失します。

また、相続税の申告期限は相続が開始した日の翌日から10ヶ月以内、被相続人の死亡した日までの所得については相続が開始した日から4ヵ月以内に準確定申告で申告しなければいけません。

相続手続きの手順を詳細と色々な事項の説明

相続手続きの手順は相続者個人が行うのは結構大変だと思われます。しかしだからと言って相続者個人で手続き手順を行うことが出来ない訳ではないので、頑張れば行うことができます。しかし大変なので、弁護士等の法律専門の方にお任せすることが多いのでははいでしょうか。

もしも仮に相続者個人で相続手続きの手順を行うとしたら、「被相続人の死亡届」から始まり、「お葬式の手配」やお葬式後の、「遺言書の確認」、「法定相続人の確定」、「相続財産の調査」、「所得税の準確定申告」等、まだまだいろいろな手順があります。まずは、手順を確認しながら相続人個人で行える事項と法律専門の方に依頼する事項かを見極めていきたいと思います。

弁護士による相続手続きに関する記事

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚相談についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る