過払い請求Guide支払いすぎた金利が戻ってくる可能性があります。

相続手続きに必要な戸籍謄本〜遺産相続の方法

遺産相続が発生して、銀行の預金の解約などの相続手続きをする場合に必要となる戸籍謄本は、亡くなった方が生まれてから、亡くなるまでの全てのものとなります。これは、亡くなった方の出生の記載のあるものから、死亡の記載のあるものまで間が抜けていてはいけない、ということです。

結婚や離婚、養子縁組などで戸籍が変わるだけでなく、役所が行う戸籍の改製によっても戸籍が変わりますので、案外、たくさんのものが必要となります。 また、本籍地を転々としている方は、遠方の役所から取り寄せることも必要となるので、戸籍謄本を不足なく集めるのはなかなか時間も手間もかかります。

だからこそ、相続手続きは弁護士、司法書士に依頼することがいいと思います。

相続手続きの代行の方法と相談内容

相続手続きの代行をお願いする際には、実績のある弁護士や司法書士に任せることがとても重要です。現在のところ、大手の法律事務所の実績について、各方面の雑誌やウェブサイトなどで紹介されることが増えています。

そこで、おおよその相談料金の相場をチェックすることがおすすめです。また、相続手続きの期間については、それぞれのケースによって、大きな違いが見られることがあるため、まずはプロのスタッフの見解を確認することが良いでしょう。もしも、法律事務所の選び方についてわからないことがあれば、経験者の口コミを参考にすることが大事です。

協議の前にすべき相続手続き

もちろん協議を行うという事は、相続手続きにおいて大事な事であり、またメインとなる事もあるかと思われます。しかし、協議の前にしっかりと行っておくべき相続手続きもあると考えられます。相続手続きに向けてまずは、すべての遺産を把握する事が必要になるという事が考えられます。

認識できていない遺産があった場合には、しっかりと相続手続きを行う事ができませんので、まずは家族みんなで確認しましょう。そして、相続手続きに向けて、誰が遺産相続を行う権利があるのかという事を最初の段階において把握しないといけません。どうしても連絡が取れない場合には、別途対応する事が必要となる事もあるかと思われます。

マイナスがある際の相続手続き

いろんな相続手続きがありますが、その中でもマイナスとなる負債がある場合には、細心の注意を払った上で相続手続きを行う必要があります。相続手続きにおいて一歩間違ってしまうと、自分達が残りの負債の返済を行わないといけない事になります。

それでも不可能な場合には、自己破産となってしまう事もありますので、注意しないといけません。また、マイナスがある際の相続手続きは特に期限が限られているので、故人が亡くなった後すぐに、借金がないかどうか確かめておく必要があるかと思われます。マイナスがある際の相続手続きを確実に自分だけで行う自信がない場合には、弁護士と共に行う事をおすすめします。

準確定申告が必要な相続手続き

本来は、故人が生前に得た収入に対しては、自ら確定申告を行う必要がありますが、亡くなってから、確定申告できていない分に対しては、準確定申告を行う必要もあり、相続手続きにおいては重要であると考えられます。

亡くなる直前まで収入を得ていた場合などには、相続手続きにおいて準確定申告が欠かせない事もあります。また、医療費控除の対応となる様な費用の支払いを行っている場合にも、相続手続きの準確定申告において影響が出てきます。相続手続きではすべき事は少なくありません。相続手続きでは、故人の遺産についてはもちろんですが、生前の収入などについても同時に正確に把握する必要があると思われます。

相続手続きを行うには

いつかは来る相続。ですが相続手続きといってもなにをどうすればいいのかなんてわからないことが、ほとんではないかと思います。しかもこの手続きのほとんど、9割ほどは自分自身で行わなければなりません。つまり役所などの公的機関に必要な書類などを整えに行かないといけないというわけです。

つつがなく行うことができればいいのですが、不満が残る場合もあります。例えば遺言書の内容に納得がいかない、特定の人物への遺産配分が多すぎるなどといった場合です。そうした場合には弁護士に相談することがベストな手段です。そういった案件が得意な弁護士というのも存在するので、全国から大阪や東京などそれぞれの土地から探すことが可能です。

相続手続きは早めに行うことが大切

遺産相続とは、亡くなった親族の遺産をその家族が分配すること、また遺産相続を行うまでの手順のことを「相続手続き」と言います。遺産相続には期限が設けられており、その期限までに手続きを行わないと税金が掛かったり、もしくは損をすることにもなるので早めに理解を深め、手続きを行っていくことが大切となっていきます。

そちら方面に明るくない方も少なくないと思いますが、それぞれ地域によって弁護士に無料相談を行うこともできます。「大阪 相続手続き弁護士」といったワードを検索し、近くの弁護士に一度相談してみるのも良い手かもしれません。

公平な相続手続きは法律のプロにお任せ

遺産を巡る争いは、しばしばテレビドラマや小説などで取り上げられます。これは決してフィクションの話だけではなく、現実に起こり得る問題です。民法では遺留分といい、故人との関係によって遺産を受け取れる割合が保障されています。

しかし、遺言や生前贈与によって受け取れる額に差が出た場合、親族間で揉める原因となることがとても多いです。大阪には相続手続きを得意とする法律事務所がたくさんあります。相続手続きには複雑な手続きも多く、必要な書類を用意するだけでも一苦労です。弁護士や司法書士など法律のプロに仲介してもらい、公平に対処してもらうというのが時間や手間も大幅にカットできるひとつの方法なのではないでしょうか。

弁護士による相続手続きに関する記事

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚相談についての情報。

相続手続き、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談、離婚の内容以外の問い合わせはこちら

過払い金返還請求とは?

債務整理

自己破産

借金相談

相続手続き

法律事務所・弁護士

離婚

ページトップへ戻る